Vulcan FX Blog

FXに勝つための戦略 ~ Journey to trading

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あり地獄から脱出!

こんな経験をしたことはありませんか?

トレードに入ったが相場は何故か逆に。

見る見るマイナスの状況に進んでいく。

-20、-30、-40pips・・・


antlion


まるであり地獄! 焦りが増す・・・

-20で手を切っておけばと後悔し始める。

-50・・・んんん・・・もうこれ以上マイナスの状況になるとマージンコールになる!

しょうがない。-55で決算。。。(涙)

・・・ここで学習すれば良いものが、また似たようなことを繰り返す。。。俺ってなんでダメなんだ?!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


アリ地獄・ハマリ度チェック

① ストップをセットしない
② マイナスになるともの凄くストレスを感じる
③ 手法は2~3回失敗すると、直ぐに新しい手法を探す。
④ デモテストはどうでも良い、速くお金を作りたい!
⑤ 一様バックテストはしたよ。。。3ヶ月ぐらい。。。

これらをYESと答えたら、まずトレードを止めて下さい。でないと何度もあり地獄にはまり直ぐに食われます!




アリ地獄からの脱出!!


前回の記事に取り上げましたが、出来れば必ずストップをセットしてください。ストップで2%リスク管理をおすすめ。


もしマイナスポジションでもの凄いストレスを感じるのであれば、恐らく、手法に自信がないか、トレードにロットを賭け過ぎているのでは?手法のバックテスト、デモトレードする。ロットを下げてリスクを2%にする。

あと、トレード中毒ではありませんか?とにかく、トレードしたくてしょうがない。

トレードの回数を減らしたり、トレード時間を決めておくと、ストレスも減り、良いトレードが増えると思います。


2~3回失敗したから、手法を直ぐに変える必要はないと思います。

もしかしてドローダウンかも知れませんし、相場の状況が手法に向いていなかも知れません。

リアルで何回も失敗する場合は、多分デモで練習が足らないのでは。同じ手法でもブロカー等でそれぞれ結果が変る場合もあるので、やはりお金を賭ける前にデモで。



デモトレードで色々と験したり、練習すると、自分のトレードの腕が磨きあがります。飛行機のパイロット、医者、等等・・・プロは皆練習してプロになるのです。プロになってからも練習をしています。焦らず。正しくトレードできることを身に付ければお金は自然に作れます。


この手法3ヶ月ぐらいバックテストしたけど、リアルどころかデモでもうまくいなかい。
実は3ヶ月は少なすぎます!

出来れば最低1年はテストした方が良いです。
以前書きましたがR.Booker氏は新しい手法は6年分のバックテストをするそうです。

相場は季節みたいにトレンドやレンジになります。もしかして、3ヶ月間はトレンドしてたのが今はレンジングして手法がうまくいかないケースもあります。バックテストは色んな相場の季節を乗り越えて良い結果が出れば、デモで験す価値があると思います。


皆さんアリ地獄に食われない様に!!


| トレード情報 | 12:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ストップの設定

トレードに一番大事なのがストップロス。
当たり前のことですが、ストップロスを設定することによってトレードリスクを押さえます。

ストップの設定により、ストップアウトされ、直ぐに逆送する経験も少なくないと思います。

ストップを狭くするとリスクは下がりますがストップアウトされる確立が上がります。逆にストップを広げすぎると、もしストップに引っ掛ったら大きな損になります。

考えてみれば大きなジレンマです!

特に自分で手法を開発するようになると、まずストップの設定をどうするか悩みます。

さまざまなストップの設定を紹介します。


・固定ストップを決める。例えば毎回SLを30pipに設定。
・S/R サポートやレジスタンスの反対側に設定
・ATRの%でストップを決める(以前紹介しました)
・DailyのHI・Lowの反対側に設定 (通常スプレッドを足す)
・過去3のキャンドルの一番HIかLOWに設定(通常スプレッドを足す)




過去3のキャンドル:

たとえばロングに約定すると仮定します。過去のキャンドル3本の中の一番LOWのところにストップをセット

stop1



もちろん、他にも色々とあると思います。


いずれ、バックテストで色々とSLを験して、適切なSLを探り出すのが一番です。





| トレード情報 | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月15日 What a Crazy Day!! Part2

今日の出来事を分析してみるとこんな感じです。



メジャーな指標の結果:

8:30NY
CPI:悪かった US$
Current Account: 良かった US$

バーナキンスピーチ:US$ (これがあったのでトレードを控えた理由の一つです)

9:00NY
TIC:US$

9:15NY
Industrial Production: US$




全体的にUS$と言った感じでしょうか。
EUR/USDの動きを見るとファンダメンタル的に相場の動きは合っていると思います。

いかがでしょうか?

ffjune15-act


jun15actua-chart



やぁ~ でも今日は難しくてトレードしなくて良かった!(^^;



| トレード情報 | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月15日 What a Crazy Day!!

経済カレンダーを見ると、5月15日はもの凄く忙しい日ですね

ffjune15



デイトレやニューストレードされる方は注意が必要ですね。


明日はトレード休もーっと。。。

| 独り言 | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近頂いたコメント

先日baronさんと言う方からコメントを頂きました。

あまりにも素晴らしいかったので今回ブログに紹介します。


KENさん初めてコメントさせて頂きます。
以前、ご紹介頂いたGBP/USDスイングトレードのおかげで、月平均1500pipsぐらい取れるようになりました。
GBP/USD以外でもEMAのパラメータとStop・Limitの幅を変える事で
15通貨を常時トレードしています。
FXを初めて半年くらい経ちますが、ようやく安定して勝てるようになりました。
本当にありがとうございました




そのスイング手法は4月12日に紹介したものです。
 http://tradelikeavulcan.blog71.fc2.com/blog-entry-12.html

Baronさん、もし良かったら是非連絡ください!

KEN

ken@tradelikeavulcan.com





| トレード情報 | 04:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

USD/CADの行方

最近USD/CADのチャートを見ると凄いですね!

3月半ばから120pips以上下がりました。このCADドルの強さは1970代以来だそうです。


13



ファンダメンタル分析

USドルが弱っている理由:

・US Interest Rate (利息)を2006年6月から上げていない。
・US Trade Balance、Current Account, housing が悪化している

CADドルが強くなっている理由:

石油の値段が上昇。石油の値段とカナダドルは強い相関関係を持っています。


この組み合わせでこの凄いダウントレンドを生んでいる様です。

なんと近い将来に1.0000になると言った意見もあります!又は、リバウンドを待ち構えている人も少なくないと思います。


で、私は?

個人的には少なくとも1.0500は下がると予想しています。

果たしてUSD/CADはどうなるのか?!


| トレード情報 | 13:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |