Vulcan FX Blog

FXに勝つための戦略 ~ Journey to trading

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

相場の状況に従え! MTF Escalator to pips紹介



バルカンFXスクールビギナーズコース8月生受付中。
20人に限られています。締め切りまであと1週間なのでご登録はお早めに!
詳細はこちら




今月の相場はとくに難しいと私は実感しています。皆さんは今月は如何でしょうか?

最近FXスクールで生徒達に言っていますが、この厳しさはやはり相場の1日の値幅、そしてレンジ相場になっていると言う2つの最悪の組み合わせのせいでしょうね。

一応、対策として利食いをこまめにしています。20-30pipsほどで決済が多いです。
PIP数からするとトレンドにのせる時より少ないのですが、まず相場の状況に見合ったトレードをしなければいけないと言うことでしょうか。

となると、手法もこの相場に見合ったものに変える必要があるのだと思います。
値幅が狭いけど、相場の上がり下がりを上手く捕らえれば良さそうです。まあ、言うのは簡単ですが・・・

そこで1つのインディケーターに目をつけています。

それは・・・

ストキャスです。ストキャスを利用すれば、この上がり下がりをどうか上手く捕らえれるのではと思います。ただ、インディケーターはラグ(送れ)が発生するのでエントリーのタイミングと言うより、相場の方向感が分かればと言う使い方が良いのではと考えています。

2年ほど前にForex Factoryで流行った手法がありますが、この手法はストキャスがメインで、大きな特徴はマルチタイムフレーム(MTF)でストキャスを見ることでした。

MTF The Escalator to Pips Strategy

spudfry

セットアップのサンプル画像ですが、個人的にこんなにインディケーターをつけるは好きではありませんが、下のバーグラフ的なカスタムインディケーターは便利だと思います。
これでMTFでストキャスの向きが一目で比べられます。
そのインディケーターはこちらでゲットできます。

インディケーター

こんな手法なら今のレンジみたいな相場には強いと感じています。と言うことで、この手法を参考にして、新たな手法作りのアイデアとしてつければと考えています。

みなさんも参考にどうぞ!


MTF The Escalator to Pips Strategy参考になったぞ!と思った方はポチお願いします!

FC2為替ランキング



バルカンFXスクール
詳細はこちら










| トレード情報 | 21:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT